The Wolf of Wall Street (2013) : ウルフ・オブ・ウォールストリート

レオナルド・ディカプリオ&マーティン・スコセッシ監督の5度目のタッグ作は、実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの栄光と挫折を描く人間ドラマ。20代で証券会社を設立し、億万長者に上り詰めるも、証券詐欺の違法行為で逮捕されるまでの10年間を、ベルフォート自身がつづった回顧緑を基に映像化したものだ。監督:マーティン・スコセッシ

The Wolf of Wall Street (2013) : ウルフ・オブ・ウォールストリートのあらすじ

22歳でウォール街の投資銀行に入社したベルフォートは学歴もコネも経験もなかったが、斬新なアイデアと一瞬にして人の心をつかむ話術で成り上がっていく。やがて、26歳で証券会社を設立し、年収49億円を稼ぎ出すも、常識を超えた金遣いで世間を騒がせる。“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになるが、彼には破滅が待っていた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Departed (2006) : ディパーテッド

  2. Shutter Island (2010) : シャッター アイランド

  3. The Aviator (2004) : アビエイター

  4. Gangs of New York (2002) : ギャング・オブ・ニューヨーク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。