The Departed (2006) : ディパーテッド

香港の犯罪ドラマ「インファナル・アフェア」をマーチン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオ&マット・デイモン主演でリメイク。警察とマフィア、それぞれの組織に潜入した2人の男の運命を描く。この作品でレオナルド・ディカプリオはマーティン・スコセッシと3度目のタッグを組んだ。 また、この作品のビリー・コスティガン役でニューズウィーク誌に「この役でディカプリオの新たな時代が到来した」と絶賛された。

キャスト:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン、アレック・ボールドウィン

The Departed (2006) : ディパーテッドのあらすじ

幼い頃から可愛がってくれたマフィアのボスの内通者になるため警官になったコリン。そのボスの元に、潜入捜査を命じられた警官ビリー。正体を偽り生きる2人だったが、警察とマフィアの双方でスパイ探しが始まる。

The Departed (2006) : ディパーテッドのストーリー

マサチューセッツ州ボストン南部、通称「サウシー」。警察はこの街に蔓延する犯罪を撲滅すべく最終戦争に突入しようとしていた。標的は犯罪組織のトップ、フランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)。その支配力を内部から崩そうと警察は新人警官のビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)を組織に潜入させる。

一方、コステロはスパイとして新人警官のコリン・サリバン(マット・デイモン)を送り込んでおり警察の捜査は筒抜けになっていた。お互い素性を隠して潜入生活を続けるビリーとコリンだったが、やがて警察もマフィアも内部に通報者がいることに気づき、お互いの情報源を使って、通報者を突き止めようとする。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Aviator (2004) : アビエイター

  2. Gangs of New York (2002) : ギャング・オブ・ニューヨーク

  3. The Wolf of Wall Street (2013) : ウルフ・オブ・ウォールストリート

  4. Shutter Island (2010) : シャッター アイランド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。