The Basketball Diaries (1995) : バスケットボール・ダイアリーズ

ニューヨークを舞台に、高校生が麻薬に手を出して破滅していく様をリアルに描く青春ドラマ。60年代後半に衝撃的に登場した天才詩人ジム・キャロルの同名の自伝的小説(邦訳「マンハッタン少年日記」晶文社刊)の映画化。監督はミュージック・ビデオなどを経てこれが映画初監督作となるスコット・カルヴァート。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Marvin’s Room (1996) : マイ・ルーム

  2. The Boy’s Life (1993) : ボーイズ・ライフ

  3. Blood Diamond (2006) : ブラッド・ダイヤモンド

  4. The Man in the Iron Mask (1998) : 仮面の男

  5. Don’s Plum (2000) : あのころ僕らは

  6. What’s Eating Gilbert Grape (1993) : ギルバート・グレイプ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。