バスケットボール・ダイアリーズ (1995) : The Basketball Diaries

ニューヨークを舞台に、高校生が麻薬に手を出して破滅していく様をリアルに描く青春ドラマ。60年代後半に衝撃的に登場した天才詩人ジム・キャロルの同名の自伝的小説(邦訳「マンハッタン少年日記」晶文社刊)の映画化。監督はミュージック・ビデオなどを経てこれが映画初監督作となるスコット・カルヴァート。

バスケットボール・ダイアリーズ (1995)のストーリー

ニューヨークの場末。ジム(レオナルド・ディカプリオ)はカトリック系の高校に通う問題児。バスケットボールでは名選手の彼の仲間はミッキー(マーク・ウォルバ-ク)、ペドロ(ジェームズ・マディオ)、ニュートロン。彼の書く詩を理解する唯一の親友ボビー(マイケル・インペリオリ)は白血病で死んでしまう。ジムはヘロインに手を出し、すぐに夢中に。ジムはコーチのスィフティ(ブルーノ・カービー)に肉体関係を迫られ、怒って相手を殴る。ジム、ミッキー、ペドロの3人はニュートロンの忠告も聞かず麻薬に溺れ、試合中に朦朧としてしまう。神父(ロイ・クーパー)とスィフティが警察を呼び、麻薬はみつからなかったが3人は退学になる。ジムは母(ロレイン・ブラッコ)にも問い詰められて家出。三人は窃盗や強盗で金を作っては麻薬を打つ。ペドロは強盗中に警察に捕まる。ジムは半死半生で近所に住むレジー(アーニー・ハドソン)に助けられる。レジーはジムの書く詩に才能を認め、麻薬をやめさせようと自宅に引き取る。ジムは留守中に逃げだし、地下鉄のトイレで初老の男に体を売ってその金でミッキーと麻薬を買う。だがニセ物をつかまされ、怒ったミッキーは売人を殺して逮捕される。ジムは家に戻り母に金をねだるが、母は断腸の思いで警察に通報した。少年院で中毒を克服したジムは、舞台に立って自分の体験を語り始める。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 太陽と月に背いて (1995) : Total Eclipse

  2. クイック&デッド (1995) : The Quick and the Dead

  3. マイ・ルーム (1996) : Marvin’s Room

  4. What’s Eating Gilbert Grape (1993) : ギルバート・グレイプ

  5. The Boy’s Life (1993) : ボーイズ・ライフ

  6. Don’s Plum (2000) : あのころ僕らは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。